妊娠に不可欠な栄養素「葉酸」は熱に弱いという

妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。

ですから、食べ物から摂取する場合、調理にはちょっとしたコツがあります。

葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、どうしても加熱の必要がある時には短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。

こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、葉酸のサプリメントを活用するのが簡単ですから、おススメです。

私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。

上の子が男の子でしたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。

排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けに挑戦してみました。

妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明するまで期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。

結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。

お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。

この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。

必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。

ですので、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。

でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、どんな栄養素が必要であるのか分からないという方が殆どだと思います。

簡単な判別方法としては、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリを選んでみましょう。

さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けることが出来るという報告があるのです。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の女性は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても問題ありません。

不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。

ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。

周囲の励ましや期待などが負担となったり、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療に通ううちに重積してくるケースもしばしば見られ、相当悩んでいる人もいるのです。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

不妊の根本的な原因は、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性の方での問題と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性のほうに起因するものが考えられます。

しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。

きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男女ともに検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、くどく言うと怒られそうな気がしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。

月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、妊娠できなくて、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。

私はラッキーだったのか、ほどなくして下の子を授かりました。

妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。

葉酸は赤ちゃんが元気に育つために大変重要な栄養素の一つです。

それでは、もし葉酸が不足してしまった場合、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。

葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。

ですから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるという研究結果が報告されました。

また、ダウン症予防の有効性も認められているので、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的な疲労も相当なものです。

自治体から助成金が支給されますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす例が多いのが実情です。

治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、助成回数を増やしたほうが良いように思います。

かくいう自分もアラフォーですし、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、落ち込むことが多くなりました。

親友の話なのですが、妊活していた頃の話だったと思いますが、漢方を服用していました。

その子によると、漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。

妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全に服用できると思います。

漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを妊娠しましたので、本当に嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です