iPhoneで格安SIMを使いたい人

iPhoneで格安SIMを使いたい人はいると思います。

docomo回線の事業者であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、ソフトバンクとauのものは実は使えないのです。

そのような方は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、または、下駄を使うことになります。

仮に格安SIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

docomo等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者だと月々数百円という料金プランも。

とりあえず、確認してみても悪くないのではないでしょうか。

普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は低下せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなく回線や設備の品質も含めて会社を選ぶ必要があることが分かります。

昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、大手キャリアが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

実際にはスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。

理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

SIMとは何かというとドコモではUIMカード、KDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称のICカードのことを指しています。

スマホなどに、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近よく話題に挙がるようになりました。

格安SIMや格安スマホを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

したがって、スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

とはいえ、速度を実際に計ってみると各社によって違う場合があります。

一例を挙げると通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろいろな仮想移動体通信業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、通信回線の帯域の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「太い回線帯域」と「通信の設備」は会社によって異なるものです。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

スマートフォンやタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモの端末であれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMを利用することができます。

よく読まれてるサイト⇒格安SIMのかけ放題が無制限になったそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です