大手キャリアのスマートフォンやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたもの

仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

au等ですと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと月々数百円ということも。

いったん、プランニングしてみてもいいのではないでしょうか。

SIMカードとは、ドコモではUIMカード、auではauICカード、softbankではUSIMカードという名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホなどに、ドコモなどのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、通信料が安くつけるので、話題になっているサービスです。

通常、帯域がしっかりしていればユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は低下せず、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるので利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。

したがって事業者を選定の際には、低価格ということだけでなく回線や設備の品質も含めて選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIM初心者の方や、これのみで使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

大手キャリアのスマートフォンやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックフリーのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他の会社のSIMは使えないSIMロックというものが設定されています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMを利用することができます。

今、格安SIMを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、仕様としての通信速度は「最大150Mbps」など、どこも同じような感じになっています。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

一例を挙げると昼休みの時間帯に通信速度を測ると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

さまざまなMVNOもNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、帯域の太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

この「回線帯域の太さ」と「通信の設備」はMVNOによって異なっています。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

しかし、softbankやauのものはそのまま利用することはできません。

そうなったら、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

こちらもどうぞ⇒格安SIM かけ放題 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です