格安SIM初心者の方や、ベースとして使って行ける安定したサービス

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIM初心者の方や、ベースとして使って行ける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

今現在、格安SIM、スマホを販売するだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、カタログスペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、何処でも大きな違いはない状態です。

でも、実際に速度を比較してみると会社によって違うことが分かります。

たとえば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

どの事業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

この「回線帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月額1000円前後の格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

docomo回線の事業者であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはなんと使うことが出来ないのです。

その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、ネットワークに接続できません。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

仮に格安SIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。

ソフトバンク等だと月に7000円以上もかかってきますが、格安SIMだと月額1000円以下ということも。

一度、確認してみても良いかもしれません。

キャリアから購入したスマホや携帯電話網に接続できるタブレットにはSIMロックされているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックが施されています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカードを使うことができます。

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、通信速度は低下せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、通信データを安定して供給できるので、利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、安ければ良いということではなく回線や設備の品質も含めてMVNOを選択した方が良いことが分かります。

SIMカードとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名前のICカードのことを指しています。

携帯端末に、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。

参考にしたサイト⇒格安SIMの安定したおすすめ版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です