サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できる

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、サプリメント等で葉酸を摂取し、十分に葉酸を摂取するように心がけてください。

さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

野菜だけで補おうとするとあまり現実的ではありません。

ですからサプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。

一度流産を経験しました。

だいたい一年位たってから、「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊活について調べるようになりました。

身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は苦手だった運動を始めました。

運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温が高くなったので、冷え性を治すことが出来ました。

自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。

皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、不足しやすいものです。

普通の食生活で推定される摂取量では、なかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。

葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも見かけますから、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。

葉酸が多く含まれている野菜についてですが、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜と呼ばれるものが該当します。

妊娠後、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

葉酸の摂取で、先天異常の発症リスクが抑えられると知られています。

毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをおススメします。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。

葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。

その中でも含有量が多いものは、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。

他にも納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。

ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのがちょっと大変だ、と感じる場合は、サプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。

サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できますから、おススメです。

葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段の食事から摂取する以外にも葉酸サプリを飲むのが良いと思います。

しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。

妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、母体の健康を維持するためにも必要な栄養素なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。

適切な葉酸の摂取の結果、胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが判明しました。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が勧告しているのです。

例えば葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦に特に利用されているといったこともよく耳にします。

上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。

本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、言えば不機嫌になりそうだったので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。

月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、そう簡単には妊娠できず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。

私はラッキーだったのか、服用後2か月には下の子を授かりました。

皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。

妊活中の方をサポートし、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。

どのようなものがお勧めかと言うと、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。

葉酸の働きは、貧血を予防する効果がありますし、胎児が先天的異常を発症するリスクを低減します。

それと、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。

ですから、夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

結婚して3年目くらいまでは、タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、授かることができず、義妹や姉のところに子供ができると、自分はどうなのだろうと不安になりました。

産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。

参考:食事が偏食な3歳 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です