安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけ

一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。

ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、言えば不機嫌になりそうだったので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。

月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、妊娠できなくて、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。

私はラッキーだったのか、服用後2か月には二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

不妊の一因は冷え性だともいわれています。

体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が落ちるといった報告があります。

最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。

血行不順を緩和して自律神経に働きかけ、ストレスを和らげる効果もあります。

冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。

行政からの助成金があるものの、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく自治体が多いですね。

その年で諦めろということでしょうか。

むしろ40だからこそ、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

私はもうじき40歳ですし、色々なものに追い詰められているようで、落ち込むことが多くなりました。

赤ちゃんを授かって病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。

こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱によって失われやすいというリスクを理解し、食材を調理するようにしましょう。

妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常の発症リスクが減少することが科学的な研究によって、明らかになっています。

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦に特に利用されているといったこともあるようです。

仲良くしている友人が妊活していた頃の話だったと思いますが、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。

彼女によると漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。

漢方であれば、妊娠中でも飲むことに抵抗がありませんね。

彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを妊娠しましたので、みんなでお祝いを計画しています。

妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。

今、私は妊活中なのですが、この時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に書いてありました。

胎児が健やかに育つために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。

野菜を十分に摂れない時は、葉酸サプリにサポートしてもらうのもお勧めだそうです。

調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。

安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、充実した妊活ライフにしたいと思っています。

葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。

しかし、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。

妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

サプリによる葉酸摂取を考えている方は、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類ほど配合したサプリを選べば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。

こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。

妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。

ですので妊娠を希望している方は、サプリの摂取をお勧めします。

妊娠しやすい体を作る食べ物は、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。

卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に必須の栄養が多いので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、様々な食品群の中から栄養を摂ることが妊娠にも産後にも有効です。

一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は今しばらくは我慢するべきでしょう。

妊娠に大切な葉酸は日本の行政機関である厚生労働省も妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。

では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。

実は葉酸は、水溶性であるため、汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。

しかし、葉酸の過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。

葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。

葉酸サプリを飲む場合には、指示された分量と用法を守ってください。

参考にしたサイト>>>>>カルシウムサプリ 子供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です