通信速度は、帯域の太さと設備の品質に影響を受けたりする

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。

月々1000円のものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

格安SIM初心者の方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選ぶことをオススメします。

今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのままでは使えません。

そうなったら、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。

あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯電話料金を安くできます。

au等ですと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月額1000円以下ということも。

一度、確認してみてもいいのではないでしょうか。

格安のSIMを売っている多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

したがって、スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どのMVNOも大差はない状態です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

例をあげると、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

どの事業者も同一のドコモ回線を使っているのにどうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、帯域の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。

「帯域の太さ」と「設備」とはMVNOによって異なっています。

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。

スマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの会社が売っている端末は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックがかけられています。

ただし、SIMロックが設定されていても、NTTdocomoの場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMを利用することができます。

一般に、帯域が太ければユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、設備にきちんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、値段だけでなく回線や設備の品質も含めて事業者を選択する必要があることが分かります。

お世話になってるサイト⇒家族で格安SIMを割引する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です